加害者更生プログラム52週修了者体験談(T.Kさんのケース

<ステップに通って気づいたこと>​

 

◎ 自己紹介

   本人、73歳、川崎市在住

   家族、妻・66歳、長女37歳と同居、
 

◎  妻とは2014年10月~2015年10月迄・別居、

2015年11月から同居(寝室・別)
 

◎  別居の直接のきっかけ/妻への暴力

※ 多量飲酒の上髪をつかんだりり、外を追いかけ回す

(現在は完全禁酒)
 

◎ ステップへ来るきっかけ

   妻と長女からプログラムに受講しない限り、元通りの家庭に戻れないと宣言

   妻も戻らない(このままでは家族崩壊)

   ※ 仕方なくステップに通い始める (本音)
 

◎ 当初DVの知識・認識、全くなし

   ※ 同棲・結婚当初より約40年間、心身共にDV行為、

    家具の破損、扉の開閉、ドタバタしたり、アルバムを捨てたり等のDV行為多数

    (ほとんど飲酒の上)
 

◎ 妻からの手紙によると

   妻が最初の子供を身ごもった頃DV行為していた

   妻は夜中外に逃げて、飲酒して寝る迄、待っていた

   妻はアパート住まいの頃、練炭火鉢で自殺を試みた事があった

(後でわかった事)

 

◎ ステップでの学び/森田ゆりさんの本の精読
 

◎ 学び、前半/自己分析、自己の性格の再認識

 ・ DVの認識薄弱/他人事の様に考えていた

 ・ 怒りのトライアングルの繰り返し、他人(妻)のせいにする

 ・ 被害者意識 (自分は悪くない)

 ・ 妻のDV被害の深刻さが解っていなかった

 ・ 妻を自分の所有物と見ていた/自己中心的。

自分の意見が絶対正しい/何があっても妻を言いくるめる

     結婚→従順 (妻は自分のもの)

    愛している→甘え→何をしても許される (仕事のストレスの解消)

   ☆ 妻の途中の一言/・・・怒りのオーラが消えた・・・と言われた (ホッとした)

 ・ 妻の性格を正しく理解していない (Iメッセージ応用)

 ・ 誤解/思い込み/自分の型にはめ込む (支配とコントロール)

 

◎ 学び、後半/ステップでの学びの実践

 ・ 自己解体 (自分を作り直す)

 ・ リフレーミング、マイナスからプラスへの思考の変換する努力

 ・ グレーゾーン (まあいいか) への思考

 ・ 自分の気持の素直な吐露(交渉が不得手)
 

◎ これから/相手(妻)に寄り添うところまで出来ていない

   ・ 生きるか死ぬか以外は、何でもあり (想定外はなし)
 

◎ 妻からのメッセージ/理事長からのメールより

   ・ 生きていて良かった~ (40年に渡るDVのあと) 
 

◎ 今後の自分への行動指針 

 ・ 妻は長い間忍耐強くつきあってくれた、有難う (強情な性格と責めていた)

 ・ 相手は最善の選択をしている/妻を尊重する努力

 ・ 生きている価値のない人間なんていない

 

NPO法人 女性・人権支援センター ステップ

〒221ー0014 横浜市神奈川区入江2-10-20  【JR横浜線『大口駅』西口下車5分】

Tel: 045-439-3620 / 080-5530-8047  E-mail: npo-step@a01.itscom.net  

DV加害者更正プログラム専用窓口  Tel: 080-5530-8047 (受付時間:10:00~20:00)
★応答出来ない場合有、改めてご連絡をお願い致します。

©️ NPO法人 女性・人権支援センターステップ  2020